筒井 康之(つつい やすゆき)

あらゆる刑事事件において、迅速に真摯に対応します

筒井法律事務所 | 筒井 康之(つつい やすゆき)

〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅2-44-5 第2メビウス名古屋ビル9階

受付時間: 平日 10:00~19:00

筒井法律事務所

初回相談無料
土日対応
夜間対応
示談交渉
逮捕前相談
【名古屋市】筒井法律事務所オフィス

【弁護士事務所:筒井法律事務所】のポイント

【初回相談無料】 【土日対応】 【夜間対応】 【示談交渉】 【逮捕前相談】 【秘密厳守】
事務所名 筒井法律事務所
電話番号 050-5385-2143
所在地 〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅2-44-5 第2メビウス名古屋ビル9階
担当弁護士名 筒井 康之(つつい やすゆき)
所属弁護士会
登録番号
愛知県弁護士会所属
No. 42308
担当弁護士:【名古屋市】筒井法律事務所

名古屋の皆様の不安や悩みに寄り添います

「筒井法律事務所」は名古屋を拠点に、地域に根差した弁護活動を行っています。

依頼者様に寄り添う姿勢を大切に

当事務所の弁護士、筒井康之は愛知県出身。名古屋市内の法律事務所に勤務し、刑事事件をはじめとする幅広い分野で経験を重ねました。

その後、名古屋市中村区に当事務所を開業して以降、市内外の方からご依頼を受け、以前よりもじっくり時間をかけ依頼者様に寄り添い、さまざまなお悩みやご不安に耳を傾けています。

普段はあまり馴染みのない法律事務所や弁護士を身近に感じてもらえるよう、依頼者様との信頼関係を何よりも大切に、温かみのあるリーガルサポートの提供に努めています。

アクセスの良い立地。お気軽にお越しください

当事務所は名古屋駅から徒歩5分という、依頼者様の通いやすさに考慮した立地です。平日の10 時~19時が受付時間ですが、時間外の土日や夜間でも柔軟に対応致します。事前にご相談の上、お仕事帰りなどにもお立ち寄りください。

定休日 土曜・日曜・祝日
※事前に予約があれば土日祝、夜間対応の相談も可能です。
相談料 初回相談1時間程度まで無料
最寄駅 「名古屋駅」1番出口 徒歩1分
対応エリア 愛知
電話受付時間 平日 10:00~19:00
着手金 事案によって異なりますので、まずお気軽にお問い合わせください。
報酬金 事案によって異なりますので、まずお気軽にお問い合わせください。
【名古屋市】筒井法律事務所に相談

【対応分野】筒井法律事務所

痴漢・盗撮などの性犯罪
暴行・傷害
脅迫・恐喝
大麻・薬物
万引き・窃盗
詐欺
交通犯罪
少年事件
横領・背任
器物損壊
殺人
その他の相談

刑事事件は、迅速な対応がカギ

刑事事件は主導権が捜査側にある上に、時間的な制限があるため、弁護側の迅速な対応が肝心です。

起訴されるかどうかは、今後の人生にも大きく影響する

逮捕後、最長で23日以内に起訴か不起訴か決められるのですが、この時間的制約が一つの大きなポイントになってきます。捜査や起訴などの手続きはすべて捜査側に主導権があり、時間の流れも止まってくれません。起訴されるかどうかは、今後の人生においても、とても大きな問題としてのしかかってきます。

起訴までの間に、示談できるかどうかなど、早急にできることを進める必要があります。どうか早めのご相談をお願い致します。

逮捕された後に面会し、ご本人の不安を和らげる

逮捕されて不安に感じない方はいらっしゃらないでしょう。不安を和らげたり、取り調べのアドバイスをしたりするために、弁護士が接見します。

不安な本人と家族を安心させられるよう動きます

ご家族が逮捕されても、接見が禁止されているケースがあります。ご家族の心労や不安は言葉にできないほどでしょう。私はご家族から依頼を受けると、すぐに接見に向かいます。逮捕され不安なご本人とご家族の間をつなぎ、両者の不安を和らげられるよう努めます。

逮捕・勾留されているご本人は味方がおらず、孤独と不安を感じている状況です。なるべくこまめに接見に足を運び、状況を聞き出すとともに今後について話し合いたいと思っています。

取り調べなどの心構えをお伝えします

残念なことに取り調べにおいて、供述内容を警察側に誘導されてしまうことがあります。味方がいない状況で主張を貫くのは大変ですが、自分がやっていないことは、やっていないと伝え続ける必要があります。

取り調べの前に、弁護士から心構えやアドバイスを聞いておくだけでも、ご本人の気持ちに少し余裕ができるのではないでしょうか。捜査機関の言う内容に事実誤認があり、黙秘した方が良いケースもあります。方針をきちんと検討する必要があります。

弁護士との面会には、警察官も立ち会えません。まずはじっくりお話をお聞きし、心を開いてきちんと話していただけるよう、接見に臨んでおります。土日や夜間の対応も可能です。

否認事件における弁護士サポートの重要性

取り調べにおいて、一度、署名や捺印をしてしまった調書を覆すのは、非常に困難なのが現実となってきます。「やっていないこと」「間違っている点」を認めてはいけません。

実際にお受けした事件でも、逮捕事実を否認している依頼者がいらっしゃいました。窃盗容疑でしたが、ご本人は否認。証拠もありませんでした。決して認めないよう、アドバイスしていましたが、被疑者として取り調べを進められるうちに、ご本人の心が折れそうになることもありました。私は何度も接見に行き、励ましました。結果は不起訴となりました。

刑事事件で弁護士が果たす役割は大きい

否認事件だけでなく刑事事件において、弁護士が行うこと、できることは多岐にわたります。

刑事事件に巻き込まれたとき、起こしたときには事前のご相談も

刑事事件が表沙汰になる前に、ご相談していただくこともあります。早めのご相談は有効で、警察から呼び出しがあった場合のアドバイスや、在宅起訴されたときの流れ、今後のことなどをゆっくり話し合うことができます。

被害者がいれば示談を試みるかどうかも、検討します。「被害届が出されている」「横領の件で示談をしたい」など、あらゆる刑事事件についてご相談ください。

示談を進め、刑罰の軽減や被害回復を図る

逮捕・勾留後でも、起訴される前に示談が成立していると、事案によっては不起訴になることがあります。起訴後でも、示談により刑罰が考慮されることもあります。被害者への示談は、もちろん刑罰の軽減のためだけではありません。本来的には、被害者に被害回復を図るためであり、こちらの反省の意を伝えながら粘り強く交渉します。

例えば、被害者の方とコンタクトを取り、被害弁償をするとともに、「寛大な処分を求める」との文言のあるいうような嘆願示談書を作成してもらうこともあります。このような示談書がある場合には被害者から検察官などに提出されると、「被害の回復」が証明できるもので、起訴の判断や公判でとても有効になってきます。被害弁償や反省が不可欠ですが、依頼者の利益につながるよう努めてまいります。二人三脚で動きたいと思っています。

刑事裁判にも経験とノウハウがあり、包括的に対応します

刑事裁判においても、被害者との示談、ご本人や証人との打合せなど、準備を致しますノウハウと経験があります。事前の証拠集めから控訴審まで、真摯に対応致します。

裁判の準備から控訴まで、被告人となった依頼者様を守ります

刑事裁判を含め、裁判には複雑な手続きが必要なため、専門家の手助けが不可欠です。刑事裁判の準備のためには、被告人との打ち合わせだけでなく、証人となってもらう方へお願いに伺いや、事前に尋問の打ち合わせをすることもあります。必要な証拠集めや書類の作成なども、もちろん行います。

事前の準備は多岐にわたりますが、どうぞお任せください。裁判当日は、弁護人として裁判官らにこちらの主張を訴え、認めてもらえるよう真摯に対応します。もし、判決に不服がある場合には、控訴審のお手伝いも致します。依頼者様の人生を守るため、味方として法廷内外で戦いますので、ご相談ください。

依頼者様を守るため、全力で対応します

「筒井法律事務所」は、さまざまな刑事事件をお受けしています。

依頼者様とご家族様の不安を和らげられるよう、刑事弁護に臨みます

当事務所では、窃盗や強盗、傷害、交通事故、薬物使用などさまざまな刑事事件に対応しています。これまで培ってきたノウハウや経験があり、誠意を持って依頼者様を守るお手伝いを致します。「刑事事件として扱えるかどうか」「示談ができるかどうか」など、まずはご相談ください。

突然の逮捕や警察からの呼び出しで、どうして良いか困惑するのは当然のことです。少しでも良い方向へ進むように、そして皆様のご不安を和らげられるように、全力で弁護活動に取り組みます。刑事事件で困ったら、ぜひ「筒井法律事務所」にご相談ください。

関連都道府県と市区町村



必須お名前
必須ふりがな
必須お電話
必須メールアドレス
必須メールアドレス確認
任意ご住所
任意ご相談内容

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。

※電話での無料相談及びメールでの無料相談に対応していない事務所もございますので一度お問い合わせください。

【名古屋市】筒井法律事務所に相談
    登録カテゴリや関連都市:
  • 三重県

刑事事件でお悩みの場合はすぐにご相談ください。

刑事事件で重要なのはスピードです。ご自身、身内の方が逮捕、拘留されそうな場合はすぐにご相談ください。

三重県カテゴリの最新記事

【名古屋市】筒井法律事務所に相談
筒井法律事務所に相談する
050-5385-2143
筒井法律事務所に相談する
PAGE TOP