湯浅 恭吉(ゆあさ やすよし)

あなたを悩ます刑事事件において強い味方になります。

千葉成田法律事務所 | 湯浅 恭吉(ゆあさ やすよし)

〒286-0044 千葉県成田市不動ヶ岡2118-32 第5CIビル302

受付時間: 平日 9:30~19:00

千葉成田法律事務所

初回相談無料
スピード対応
示談交渉
逮捕前相談
千葉成田法律事務所オフィス

【弁護士事務所:千葉成田法律事務所】のポイント

【初回相談無料】 【スピード対応】 【示談交渉】 【逮捕前相談】 【秘密厳守】
事務所名 千葉成田法律事務所
電話番号 050-5385-2147
所在地 〒286-0044 千葉県成田市不動ヶ岡2118-32 第5CIビル302
担当弁護士名 湯浅 恭吉(ゆあさ やすよし)
所属弁護士会
登録番号
千葉県弁護士会所属
No. 38115
担当弁護士:千葉成田法律事務所

誰しも不安になる刑事事件において、弁護士は味方として大きな存在です。

 ある日突然警察が来た、家族が逮捕された、など突然の出来事が起きたら、何をすべきでしょうか。突然の逮捕に戸惑い、不安になるのは普通のことです。こんな時、刑事事件に精通した弁護士を見つけることは、解決への糸口となります。

「依頼者の不安を解消する刑事弁護を」

弁護士の湯浅恭吉が開設した「千葉成田法律事務所」は千葉県成田市にある弁護士事務所です。 刑事事件において、一番耳にする被疑者やその家族からの声は「不安」です。日常の生活が一変する「逮捕」という出来事は、誰でも経験するものではありません。だからこそ、我が身や家族に逮捕という出来事が起きた時、まず何をすべきかわからないものです。

千葉成田法律事務所では、まず,今後の流れをわかりやすく説明することで被疑者やその家族の不安を解消するように努めています。特に接見禁止となっている被疑者にとっては、家族に相談をすることも出来ない状況です。被疑者も家族も不安な中,弁護士が早急に接見を開始し、意思の疎通を行うことで素早く状況把握ができるようになります。

「なぜ千葉成田法律事務所は初動を大切にしているのか」

 刑事事件は,テレビドラマやドキュメンタリーなど、映像の世界でしかご存じない方がほとんどです。逮捕されると、その後に被疑者がどのような状況に置かれるか、弁護人を早期に手配することがなぜ大切か、そこまでは映像では教えてくれません。では、逮捕後にはどのような流れで進むのでしょうか。

逮捕後の基本的な流れ

①逮捕、送致
捜査機関などに逮捕されると、 警察署内に身柄を留置されます。そして,逮捕後48時間以内に検察官に身柄を送致するかを決められます。送検されると、検察官は「24時間」以内に「勾留請求」をすべきかどうかを検討します。勾留が決定してしまうと、10~20日間もの期間を拘束され続けることになります。
つまり、早期に釈放されるためには,勾留が決まるまでの「72時間」以内に弁護士へ相談をし,釈放に向けて動くことが重要になります。

この逮捕の段階では、ご家族からご相談いただくことも多いです。ご家族からのご相談があった場合には,弁護士は,早急に「接見」にいきます。そこで,今後の流れを本人とご家族へ伝えた上で,とるべき手段についてご説明させていただきます。

また,仮に勾留されてしまった後でも,10日~20日という期間の満了を待たずに釈放されるように裁判所へ準抗告という手続きを行うことができます。 弁護士は,証拠隠滅の恐れや逃亡の恐れがないことについて証拠をそろえた上で,裁判所へ準抗告の申立てをします。

②起訴もしくは不起訴
身体拘束の期間中に、被疑者は取り調べを受けます。取り調べが一通り終わった後で、検察官が起訴か不起訴かを決定します。弁護士は,この取り調べ期間中には,不起訴処分を目指して証拠を提出したり、被害者との示談交渉を行ったりします。被害者との示談交渉は弁護士に依頼しないと不可能な場合が多いため,示談を希望する場合にはできるだけ早く弁護士へ相談することが重要になります。

③裁判
起訴された場合は、被疑者は被告人と呼ばれるようになり,裁判を受けることになります。起訴された後には,保釈というものをすることができるようになります。保釈とは,金銭の担保を積んで釈放される手続きを言います。保釈を目指すためには逃亡の恐れや証拠隠滅の恐れがないことなどを裁判所に理解してもらう必要がありますが,弁護士はそれらを説得力のある言葉で裁判所に伝え,保釈を目指します。 また,裁判の打ち合わせも入念に行います。証拠集め,証人との打ち合わせ,ご本人との打ち合わせなどを積み重ね,望ましい判決が出るように最善を尽くします。

「被疑者を支え、被害者へ適正な示談交渉を」

 千葉成田法律事務所では、刑事事件において「示談交渉」にも力を入れています。傷害事件など被害者がいる事件のケースでは、できるだけ真摯に謝罪を行い、解決への第一歩を目指すのが有効です。

また、性犯罪などの被害者の心を尊重する必要があるケースでは、刑事事件を熟知しデリケートな場面にも十分に対応できる弁護士の存在が欠かせません。当事務所は千葉県・茨城県内の刑事事件に対応しております。早期の事件解決に向けて、示談交渉はプロの法律家におまかせ下さい。

定休日 土曜・日曜・祝日
相談料 初回相談無料
最寄駅 JR成田駅
京成成田駅

徒歩5分
対応エリア 千葉県、茨城県、埼玉県、東京都
電話受付時間 平日 9:30~19:00
着手金 22万円~
報酬金 【不起訴・略式起訴】
22万円~

【無罪】
55万円~

【刑の執行猶予・求刑より軽くなった場合】
22万円~

【接見日当】
2万円/1日

【公判日当】
2万円/1回

【緊急接見費用】
5.5万円
千葉成田法律事務所に相談

【対応分野】千葉成田法律事務所

痴漢・盗撮などの性犯罪
暴行・傷害
脅迫・恐喝
大麻・薬物
万引き・窃盗
詐欺
交通犯罪
少年事件
横領・背任
器物損壊
その他の相談

刑事事件に関して、よくあるご質問

 千葉成田法律事務所は刑事事件において、手続きの段階に合わせて的確なアドバイスを行っています。全ての事件を釈放、不起訴、無罪に導くことは困難です。しかし、当事務所は出来るだけ早期の事件解決に向けて、事件の特性や検察官の動向を見極めています。刑事事件は仕組みも複雑でわかりにくいものです。そこで、下記によくあるご質問をご紹介します。

よくあるご質問① 職場や取引先にはどう対応すれば良い?

当事務所は可能な限り「早期の身柄釈放」を目指しています。身体拘束が長引くことは,職場や取引先などへの影響が極めて大きくなるためです。勾留が長くなると、解雇リスクも高くなってしまいます。早期の釈放があれば事件に関してご自身で説明もでき、職場復帰も目指しやすくなります。
事件に関わってしまって、逮捕の可能性がある段階でのご相談も可能ですので、まずは弁護士にご相談ください。

よくあるご質問② 供述調書とは一体どんなものですか?

供述調書とは、被疑者が取り調べて供述した内容をまとめた書面のことで,警察官や検察官の取り調べの中で作成されます。調書の内容は、質問に対して被疑者が答えたことが、一人称形式でコンパクトにまとめられるのが基本です。供述調書は,裁判では極めて重要な証拠になります。
供述調書の作成の際,自分の認識とは違う内容の調書に署名捺印を求められることも多いです。しかし,供述調書の作成の際には,間違っている部分はその訂正を求めることができます。また,そもそも供述調書に署名捺印をする義務もありません。
このような取り調べを受ける際の注意点についても,弁護士は丁寧に説明をします。

関連都道府県と市区町村



必須お名前
必須ふりがな
必須お電話
必須メールアドレス
必須メールアドレス確認
任意ご住所
任意ご相談内容

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。

※電話での無料相談及びメールでの無料相談に対応していない事務所もございますので一度お問い合わせください。

千葉成田法律事務所に相談
    登録カテゴリや関連都市:
  • 千葉県

刑事事件でお悩みの場合はすぐにご相談ください。

刑事事件で重要なのはスピードです。ご自身、身内の方が逮捕、拘留されそうな場合はすぐにご相談ください。

千葉県カテゴリの最新記事

千葉成田法律事務所に相談
千葉成田法律事務所に相談する
050-5385-2147
千葉成田法律事務所に相談する
PAGE TOP