佐々木 幸駿(ささき こうしゅん)

刑事事件はスピードが命です

佐々木法律事務所 | 佐々木 幸駿(ささき こうしゅん)

〒006-0004 札幌市中央区北4条4丁目1-7MMS札幌駅前ビル3階(受付1階)

受付時間: 8:30~18:00

佐々木法律事務所

初回相談無料
夜間対応
スピード対応
示談交渉
逮捕前相談
佐々木法律事務所オフィス

【弁護士事務所:佐々木法律事務所】のポイント

【初回相談無料】 【夜間対応】 【スピード対応】 【示談交渉】 【逮捕前相談】 【秘密厳守】
事務所名 佐々木法律事務所
電話番号 050-5385-2152
所在地 〒006-0004 札幌市中央区北4条4丁目1-7MMS札幌駅前ビル3階(受付1階)
担当弁護士名 佐々木 幸駿(ささき こうしゅん)
所属弁護士会
登録番号
札幌弁護士会所属
No. 58818
担当弁護士:佐々木法律事務所

スピード最優先で動きます

刑事事件で逮捕されると、72時間以内に勾留されるかどうかが決まります。対応が遅れると、長期間勾留される可能性が高くなります。精神的な苦痛が増し、身に覚えのないことも自供してしまう恐れも否定できません。仕事や日常生活にも支障が出かねません。被害者との示談交渉も後手を踏めば、刑事処分を軽くする道も閉ざされ、前科がついてしまいます。「逮捕後72時間以内」が勝負です。初動を早め、弁護方針を固めます。示談も素早くまとめる努力をします。勾留決定権を持つ裁判官に勾留しないよう求めて見送りに持ち込み、早期釈放につなげます。

刑事弁護の経験が豊富です

弁護士になってから、一貫して刑事弁護に力を入れてきました。性犯罪、交通犯罪(過失運転致死傷罪など)、横領、背任、詐欺、窃盗事件など、多数の弁護を手掛けてきました。被害者との示談交渉も得意です。豊富な経験を生かし、1日でも早い釈放を目指します。

定休日 なし
相談料 初回相談30分無料
最寄駅 MMS札幌駅前ビル1階受付
地下鉄「さっぽろ駅」徒歩1分
地下鉄南北線8番出口地上出てすぐ右
「札幌駅」南口から徒歩3分
対応エリア 北海道
電話受付時間 8:30~18:00
着手金 22万円~
報酬金 22万円~

※料金はすべて税込みです。
※事案によって異なりますので、まずお気軽にお問い合わせください。
佐々木法律事務所に相談

【対応分野】佐々木法律事務所

痴漢・盗撮などの性犯罪
暴行・傷害
脅迫・恐喝
大麻・薬物
万引き・窃盗
詐欺
交通犯罪
少年事件
横領・背任
器物損壊
殺人
その他の相談

「弁護士は唯一の味方」

逮捕されても、家族が被害者だったり、見放されたりして、家族のサポートが得られない場合があります。得られたとしても接見禁止になれば面会できず、孤独な状況に置かれます。接見に出向いたらまず、「弁護士は唯一の味方」と伝えます。寄り添う姿を示し、少しでも安心感を与えるように心掛けます。本人の話を聞き、事件のあらましを把握し、容疑を認めるかどうかを含めて弁護方針を決めます。一度自白すると、覆すのは簡単でありません。決定的な証拠があるのに、否認したり、黙秘を貫いたりすることもおすすめしません。ですから、初回の接見で、取り調べに臨む心得、方向性を助言します。精神的にもショックを受けているでしょうから、メンタルケアにも目を配ります。家族や職場の同僚との連絡役も務めます。弁護士は24時間接見できますので、違法な取り調べが行われていないかどうかチェックします。

示談の成否は処分の行方を左右します

被害者との示談交渉は刑事処分を軽くするかどうかのカギを握ります。示談が成立すれば、被害届を取り下げてもらったり、減刑を望む嘆願書を書いてもらったりすることが期待できます。そうなると、起訴を免れたり(不起訴)、判決で執行猶予が付いたりし、処分が軽減されます。それだけに、弁護士が加害者の代理人として示談交渉に臨む際は、細心の注意が必要です。被害者の感情を少しでも和らげられるよう、誠実に当たります。被害者の思いを酌み取りながら、的確に状況判断し、示談成立に導きます。被害者感情が厳しいケースでは、謝罪と反省の意が伝わるよう、丁寧に対応します。性犯罪やわいせつ事件の示談交渉は被害者の心身のダメージが大きく、難しいのですが、これまで多くの示談成立を成し遂げました。被害者の立場に気を配り、加害者の代理人というより、中立的な立場を意識してで向き合います。

検察官との意思疎通も重要です

検察官は容疑者を起訴するかどうかの処分を決めるのが仕事で、弁護士とは対峙する関係です。ですが、検察官と十分な意思疎通を図ることは非常に大事です。「被害者との示談がまとまって、被害届を取り下げる意向を得られたから、不起訴にしてほしい」とか「示談できそうだから、もうちょっと処分を待ってほしい」とかの意思を検察官に伝え、柔軟な対応を促し、処分の見送り、勾留期間の短縮、早期釈放につなげます。対決姿勢ばかりを強調して、意思疎通を遮断する手法は得策ではありません。

家族もサポートします

身内が突然逮捕されたら、ご家族も狼狽して、どうしていいか分からなくなるでしょう。今後の見通しも把握できていないと、当事者以上に不安を感じられるかと思います。本人と接見して得た内容や処分の見通しをご家族に丁寧にお伝えします。本人の心身の状況やご家族に連絡したいことも逐一伝達し、不安解消に努めます。ご家族が身元引受人になってくれるなど、釈放後の環境を整えていただければ、釈放の現実性が高まります。密に連絡を取り合って、1日も早く身柄を解放しましょう。

高額窃盗事件で執行猶予判決を得ました

3人組による高額窃盗事件の被告人のうち、1人の弁護を引き受けたことがあります。個人宅に侵入し、現金1800万円を盗んだ罪で起訴されました。本人の家族と共に金策に走り、500万円を返済するめどが立ち、被害者との示談交渉に臨みました。減刑を要望する嘆願書を書いてもらい、公判に出しました。望み通り執行猶予の判決を受け、実刑を避けることができました。ほかの2人の被告人にもそれぞれ、別の弁護士が付きましたが、被害弁済にこぎ着けませんでした。実刑判決を免れず、明暗が分かれました。被害額が2000万円近い高額な窃盗事件で執行猶予判決を得るのは珍しいと思います。家族の協力を得て迅速に対応し、示談交渉をまとめ上げた成果が出ました。

示談成立で不起訴に持ち込んだことも

見ず知らずの女性に性的乱暴をした容疑で逮捕された男性の事件では、被害者に誠意を尽くして示談に応じてもらい、不起訴処分で終えることができました。示談成立の決め手は謝罪を一刻も早く行うことです。被害者にとって、謝罪が遅れるほど、印象が悪くなります。本人と接見して即日受任し、速攻で被害者の元に出向き、頭を下げました。この行為が被害者に評価され、示談書にサインしてもらいました。

家族の協力で勾留決定を避けて釈放されたケースもあります

男性が盗撮容疑で逮捕された事件では、勾留決定前の72時間の持ち時間を有効に使いました。家族が身元引受人として「責任を持って本人を監督する」との誓約書を書き、裁判官に「逃亡の恐れがなく、証拠隠滅の可能性もない」と意見書を出しました。裁判官の説得に成功し、勾留決定が見送られ、早期釈放を果たしました。スピーディーな初動が功を奏したと考えています。

「早めの相談」を心掛けてください

刑事事件は「スピードが命」であることは、これまで述べた通りです。初動の早さが行方を決めると言っても過言ではないでしょう。そのためには「少しでも早い相談」が欠かせません。本人はもちろん、ご家族も身内が逮捕された知らせが届いたら、ただちに相談してください。即日打ち合わせ、即日接見で対応します。

相談しやすい環境を整えています

弁護士はとかく「敷居が高い」と敬遠されがちですが、気軽に相談にいらしていただける環境づくりを心掛けています。まず、お話にじっくりと耳を傾け、事案の把握に努めます。今後の見通しと基本的な方針をお示しし、依頼者と共に解決案を練り上げていきます。難しい法律用語は使わず、分かりやすい言葉で丁寧に説明します。

早期釈放もご相談から

「痴漢や盗撮をしてしまった」「飲酒運転で人身事故を起こしてしまった」「会社のお金を使い込んでしまった」「投資詐欺に加担してしまった」「前科を付けたくない」「できたら示談で解決したい」「少しでも早く身柄を解放されたい」「会社にばれないようにしてほしい」「身内が逮捕されてしまった」。刑事事件で逮捕されたり、身内に逮捕者が出たりした際は気兼ねなく相談してください。「こんな程度で弁護士に相談していいのだろうか…」とためらう必要はありません。1日でも早い釈放に向けて、全力で対応します。
 

関連都道府県と市区町村



必須お名前
必須ふりがな
必須お電話
必須メールアドレス
必須メールアドレス確認
任意ご住所
任意ご相談内容

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。

※電話での無料相談及びメールでの無料相談に対応していない事務所もございますので一度お問い合わせください。

佐々木法律事務所に相談
    登録カテゴリや関連都市:
  • 北海道

刑事事件でお悩みの場合はすぐにご相談ください。

刑事事件で重要なのはスピードです。ご自身、身内の方が逮捕、拘留されそうな場合はすぐにご相談ください。

北海道カテゴリの最新記事

佐々木法律事務所に相談
佐々木法律事務所に相談する
050-5385-2152
佐々木法律事務所に相談する
PAGE TOP